秋田・角館 各地の見どころ
儚くも美しい
色とりどりの葉
散り際までも美しい
自然の織り成す色彩さまざまな色をつけ、彩られた紅葉。山全体に美しい装飾が施されるこの時期は、自然の織り成す美に酔いしれることのできる数少ない期間です。特に田沢湖周辺は、紅葉が水辺に反射する様が素晴らしく、ぜひ一度ご覧になっていただきたい風景です。 見ごろの目安は、10月中旬から11月上旬にかけてです。あくまで例年の目安です。天候などにより時期は変動する可能性がございます。詳しくは、お問い合わせをしていただくと確実です。
山がもっとも色彩豊かになる時期です
見どころ&イベント情報
  • 抱き返り渓谷

    雄物川支流の玉川中流に位置し、全長は約10kmにも及びます。
    名前の由来は、地形が非常に急峻で狭隘なため、人がすれ違うときに、互いに抱き合って振り返ったことにちなんでいます。 大きなつり橋から眺める渓谷は絶景そのものです。紅葉が有名ですが、この時期の清らかな川と濃い緑は、紅葉にはない、魅力がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

    お問合せ : 仙北市田沢湖観光情報センター【フォレイク:0187-43-2111】
    アクセス :
    JR神代駅より車で5分、またはJR角館駅より車で15分
    JR田沢湖駅より車で20分

  • 抱き返り渓谷は、初夏にこそ訪れてほしいスポットです。
  • 田沢湖

    角館から車で約30分程のところにある、日本で一番深い湖。澄みきったブルーの湖面には、霊峰秋田駒ケ岳がうつりこみ、なんとも言えない神秘的な雰囲気です。

    お問合せ : 仙北市田沢湖観光情報センター 【フォレイク:0187-43-2111】
    アクセス :
    JR田沢湖駅より羽後交通バス「田沢湖一周線」等を利用、 田沢湖畔にて下車(所要時間約15分)
    秋田空港より「あきたエアポートライナー」を利用、 田沢湖付近にて下車(所要時間約100分)

  • 日本一深い湖の澄み切った青を楽しんで下さい
  • 角館「曳山祭り」

    開催期間は毎年9月7・8・9日の3日間
    秋田県仙北市角館町のお祭りは、今からおよそ350年前に神明社と薬師堂の祭りが一緒になって始まった。武者人形、お山囃子を奏する人、艶やかな手踊りをする秋田おばこを乗せた18台の曳山が、神明社・薬師堂への参拝、佐竹北家への上覧などを目指して町内を練り歩く。曳山は高さ4メートル、総重量8トン。曳山の進行では優先権をめぐり交渉、話がつかない時には、互いの曳山を荒々しくぶつけ合う勇壮な「やまぶっつけ」が繰り広げられる。

    角館が一番熱くエキサイティングな3日間。

  • これぞお祭り!といった雰囲気の荒々しくも活気あふれる元気なお祭りです。
その他の見どころ
秋田・角館 春の見どころを紹介
秋田・角館 初夏の見どころを紹介
秋田・角館 冬の見どころを紹介
次のページは角館を知る
秋田・角館の楽しみ方|季節ごとに表情を変える角館で過ごす、新しい「ひととき」をご提案します。
おみやげのご紹介
コンセプト
ご宿泊料金をご案内します。
ご予約案内
ページ上部へジャンプする